ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / ECBの利下げ観測を前にユーロ高
6 6月 2024 | FXGT.com

ECBの利下げ観測を前にユーロ高

ユーロ、2か月ぶりの高値に:ユーロは、欧州中央銀行(ECB)が本日中に利下げを行うとの観測から、1.09ドルの抵抗線付近で取引され、2か月ぶりの高値に迫っている。

市場動向:ユーロの対ドル相場が最近上昇しているのは、今年中に欧州中央銀行(ECB)が大幅な追加利下げを行う可能性が低くなったことと、米国の金融緩和への期待が高まったことが影響している。今日の焦点は、ECBが今後の金融緩和とインフレリスクについて発表する内容となるだろう。

予想される利下げ:ECB は、2016年以来初めて、3つの主要借入金利を25ベーシスポイント引き下げる可能性が高いと広く予想されている。今回の利下げは、金融危機ではなくインフレ圧力の緩和に対応するものであるため、重要な意味を持つ。

ECB の今後の利下げの予測:5月にインフレ率が2.6%に加速し、経済成長と賃金上昇が予想を上回ったことを受け、今年中に追加利下げが行われるという市場の予測は大幅に減少した。本日の利下げは期待が高まっているが、ECBは追加利下げの時期については曖昧な姿勢を示しており、今年中にさらなる利下げが行われるかどうかは、今後の経済指標次第であることを示唆している。

米国経済データ:5月の米国 ISM サービス業購買担当者指数(PMI)は、前月の49.4から53.8へと大幅に上昇し、好調な業績を示した。しかし、米国JOLTS求人倍率やADP雇用変化率といった予想を下回る労働市場の状況により、9月のFRBによる利下げの可能性が高まっている。CMEのFedWatchツールによると、9月に金利が引き下げられる確率は68%と、1週間前の50%から上昇している。

今後の米国NFPデータ:本日EBCが決定することを受け、投資家の注目は金曜日に発表される5月の米国非農業部門雇用者数(NFP)データに移る。雇用者数は18万5000人と、前回の17万5000人から増加すると予想されている。米国の雇用データは、今後の米国の金融政策の期待値を形成する上で極めて重要となる。

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.