ホーム / ブログ / カテゴリー / 一週間のまとめ / 週間マーケットレポート- S&P 500とNASDAQ 100が過去最高値を更新
10 6月 2024 | FXGT.com

週間マーケットレポート- S&P 500とNASDAQ 100が過去最高値を更新

  • 株式市場の反発:米国株価指数は最近の下落から回復し、NASDAQ100とS&P500が過去最高値を更新して週を終えた。人工知能への新たな熱がテクノロジー株を押し上げた。S&P500種株価指数は1.1%上昇、ダウ平均は0.2%上昇、ナスダック100種株価指数は2.5%上昇した。
  • 雇用増加が利下げに与える影響:5月の米非農業部門雇用者数は27万2,000人増加し、予想の18万人を上回った。好調な雇用統計は、米連邦準備制度理事会(FRB)の利下げ意欲を減退させ、トレーダーは9月の利下げ観測を後退させ、発表後の確率は50%まで低下した。
  • ECBBoCが金利を引き下げ:欧州中央銀行とカナダ中銀はともに25bpの利下げを実施し、主要国間での緩和政策の開始を示した。これらの協調利下げは、世界経済の成長鈍化とインフレ圧力に対する広範な懸念を反映している。
  • OPEC+の減産:OPEC+が減産と増産延長を発表したことで、米国原油価格は1バレルあたり73ドルを割り込み、4か月ぶりの安値となった。金曜日には75ドル超まで回復したが、週間では2.40%のマイナスとなった。要因としては、弱気な予測、リスクプレミアムの低下、減産を相殺する代替供給源などが挙げられる。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.