ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / 仏議会下院選がユーロを押し上げる:ユーロ圏CPI予想とパウエル議長のECBフォーラム講演に注目
1 7月 2024 | FXGT.com

仏議会下院選がユーロを押し上げる:ユーロ圏CPI予想とパウエル議長のECBフォーラム講演に注目

  • フランスの選挙:月曜の朝、極右政党が予想より小差ながらリードする結果となったフランス議会選挙の1回目の投票を受け、ユーロは上昇した。日曜日に行われたフランス議会選挙の第1回投票で、マリーヌ・ルペン氏の極右政党「国民集会」が勝利した。
  • 米国の経済データ:第1四半期のGDP確定値は年率1.4%増と、2022年春以来の低成長となった。失業保険申請件数は2年ぶりの高水準となり、労働市場の低迷を示した。
  • 米国のインフレデータ:5月のPCE指数は2.6%に低下し、FRBの2%の目標の上ではあったものの、過去3年間で最低の年間インフレ率となった。このため、トレーダーは9月のFRB会合で25ベーシスポイントの利下げを実施されるとの予想を強め、市場のオッズは60%を超えた。
  • ドイツの消費者物価指数がECBの利下げ観測を後押し:ドイツの消費者物価指数(CPI)は予想を下回り、ECBによる年内の追加利下げ観測が高まった。ドイツの6月のCPIインフレ率は2.2%に低下し、EUの数値も2.5%と予想を下回った。
  • ユーロ圏の今後のイベント:今週のユーロ圏のメインイベントは、明日予定されている6月の消費者物価指数速報値の発表である。今日から水曜日にかけてシントラで開催されるECBフォーラムでは、ラガルドECB総裁やパウエルFRB議長など著名な講演者が出席し、政策やインフレに関する重要な議論が行われる。さらに、木曜日には6月のECB議事録が公表される。
  • 今後の米ドルイベント:米国のトレーダーは、JOLTやADP、ISM製造業およびサービス業PMIなど、いくつかの重要なデータの発表で忙しい週を迎える。FOMC(米連邦公開市場委員会)は6月の会合議事録を公表し、週末には待望の6月非農業部門雇用者数が発表される。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.