ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / GBP/USD、弱い米指標と選挙前の好調な英サービス業で上昇
4 7月 2024 | FXGT.com

GBP/USD、弱い米指標と選挙前の好調な英サービス業で上昇

  • ポンドのパフォーマンスと米ドル安:ポンドは、水曜日に0.46%上昇し、3週間ぶりの高値をつけた後、1.2750ドルを維持した。GBP/USDは、米ドル安が大きな要因となって大きく上昇している。ISM報告書などの米経済データは経済の縮小を示し、ドルの強さに影響を与えた。
  • 米経済データの影響:サービス業やADP雇用統計を含む米経済指標が予想を下回り、景気減速を示唆した。先週の新規失業保険申請件数は増加し、労働市場の弱体化と今年後半のFRBによる利下げの可能性への期待が高まった。市場では現在、9月の25ベーシスポイントの利下げを皮切りに、2024年に50ベーシスポイント近い利下げが行われると予想されている。
  • 英国サービス部門の強さ:経済の主要部門である英国のサービス業PMIは予想を上回る伸びを示し、ポンドを下支えした。このサービス部門の底堅さは、政治的・経済的な不透明感が漂うなかでのポンドに対するポジティブな見通しに拍車をかけている。
  • 英国の政治情勢:英国の総選挙は本日開票され、野党・労働党が政権を奪取し、14年にわたる保守党支配に終止符を打つことが濃厚となった。これは、英国の政治情勢が大きく変化することを示唆している。英国の有権者は、労働党のキーア・スターマー党首を次期首相に選出する構えだ。世論調査で労働党が一貫してリードしているため、市場の反応は限定的であり、最終的な選挙結果は英国時間23:00頃とされている。
  • 市場のセンチメント:FRBの利下げ観測と英国の政治情勢が相まって、現在の市場心理に影響を与えている。労働党が強力な政権を確保し、米国経済の見通しが弱いままであれば、ポンドは引き続き支持される可能性がある。

今後の米国データ:米国市場は本日、7月4日の祝日のため休場。明日発表される6月の米非農業部門雇用者数は19万人増と予想され、5月の27万2000人増から減少

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.