ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / パウエル議長の発言が米ドル下落の引き金、市場はFRB議事録とISM PMIに注目
3 7月 2024 | FXGT.com

パウエル議長の発言が米ドル下落の引き金、市場はFRB議事録とISM PMIに注目

  • 米ドルのパフォーマンス:水曜日の欧州時間中、米ドル指数は105.60を割り込み、小幅な下落となった。ドル相場は、火曜日に予想を上回ったJOLTSの数字と、インフレ見通しに関するパウエル議長の発言に影響された。
  • 米利下げへの楽観論:パウエルFRB議長の発言は、今後の利下げに楽観的な見方を呼び起こした。パウエル議長はインフレについて「大きな進展があった」と指摘し、米中央銀行が今年後半に緩和サイクルを開始する可能性を示唆した。パウエル議長の発言はハト派的と受け止められ、ドル円は日中下落した。
  • パウエル議長の発言:ジェローム・パウエル議長は、賃金上昇が持続可能な水準に向かっており、労働市場が冷え込んでいることを示していると指摘し、インフレ見通しに自信を示した。同氏は、ディスインフレ率が予想より鈍化しているにもかかわらず、来年後半から翌年にかけてインフレ率が2%に戻る可能性を示唆した。
  • リスクとデータ依存のバランス:パウエル議長は、インフレと雇用のリスクのバランスを調整することの重要性を強調し、利下げを検討する前にデータを増やす必要性を強調し、今後のインフレ率の重要性が浮き彫りとなった。12か月インフレ率は2.6%だが、FRBはインフレ抑制を損なう可能性のある時期尚早の行動を避けるため、慎重な姿勢を崩していない。
  • インフレデータに注目:パウエル議長の発言は、9月利下げの可能性について楽観的な見方を生み出している。パウエル議長は、今後発表されるインフレ指標の重要性を強調し、本日のFOMC議事録がFRBの戦略についてさらなる洞察を与える可能性がある。
  • JOLTSレポート:パウエル議長の発言は、5月の米求人倍率が予想の791万倍を上回る814万倍となったJOLTSレポートのデータを相殺した。こうした動きを受け、米金利先物は9月に利下げが実施される可能性を65%と織り込んでいる。
  • ユーロ圏の見通し:欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は、ユーロ圏はディスインフレ路線において「非常に進んでいる」が、経済成長についてはまだ「疑問符」がついていると述べた。ラガルドECB総裁は、ECBがインフレ率を2%への確固とした道筋にあると結論付けるにはまだ時間が必要だとし、ECBによる利下げが差し迫っていないことを示唆した。
  • 今後の主要データ:今後予定されている主なイベントには、本日のISMサービス業PMIが含まれる。FRBの6月定例理事会の議事録も本日発表される予定で、中央銀行の金利戦略について示唆を与える可能性がある。米国市場は本日早仕舞いし、明日も米国独立記念日の祝日のため休場となる。今週の注目は金曜日のNFP統計となる。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.