ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / 雇用統計とISM報告が景気低迷を示唆し、米ドルは圧力下に
4 7月 2024 | FXGT.com

雇用統計とISM報告が景気低迷を示唆し、米ドルは圧力下に

  • 雇用統計は労働市場の緩和を示唆:ADP雇用統計と週間失業保険申請件数はともに労働市場の緩和を示唆した。6月の民間雇用者数は15万人で、予想の16万人を下回った。新規失業保険申請件数の4週間移動平均は238,500件に増加し、金曜日の非農業部門雇用者数報告を前に雇用者数がマイナスに転じる可能性を示唆した。
  • ISMサービス業PMIの低下:6月のISMサービス業PMIは48.8と、5月の53.8から低下し、2020年5月以来の低水準となった。これはサービス部門の縮小を指し、経済活動の弱体化を示している。
  • ISMレポートのハイライト:ISMレポートの主なポイントは、ヘッドラインの数値がサイクル最低を更新したことと、新規受注指数が2022年以来初めて縮小に転じたことである。とは言え、一つの悪い数字が出たからといってトレンドが確立されるわけではなく、ISMサービス業PMIは、4月に49.4まで低下した後、5月には53.8まで回復するなど、不安定な動きを見せている。しかし、弱いデータは憂慮すべきものであり、政策緩和の論拠を強め、米ドルをさらに圧迫している。
  • FOMC議事録からの洞察:FOMC議事録の公表により、複数のFRB高官が経済成長の鈍化と労働市場への潜在的リスクについて懸念を表明したことが明らかになった。投資家はFRBのハト派的スタンスに賭ける傾向を強めており、多くの投資家は年内に2回の利下げを予想している。議事録では、インフレが持続することへの懸念も強調されたが、全体的な基調は、必要であれば政策を緩和する用意があることを示唆した。
  • ドルへの影響:労働市場の弱いシグナルと失望的なISMデータが相まってドル安が進み、2日連続のドル安となり、2週間ぶりの安値をつけた。最新データにより利下げの可能性が高まり、FedWatchツールは9月利下げの可能性を1か月前の59%から72%に引き上げている。
  • 米国株への影響:祝日で短縮された取引セッション中、水曜日の米国株価指数は、金利低下の見通しによって上昇した。S&P500とナスダックは、金融緩和が経済成長を支えるとの投資家の期待から上昇した。今日は独立記念日のため米国市場は休場。
  • 今後の経済データ:6月の非農業部門雇用者数は19万人増と予想されており、非能郷部門雇用者数に注目が集まっている。このレポートは、ドルの方向性と将来の利下げの可能性を判断する上で極めて重要である。 
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.