ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / FRBのハト派的な見通しを受け、ドルが下落し米国株が上昇
21 3月 2024 | FXGT.com

FRBのハト派的な見通しを受け、ドルが下落し米国株が上昇

  • FRB会合後のドル安:米連邦準備制度理事会(FRB)が予想外の高インフレにもかかわらず、年内の利下げ見通しを維持したため、ドルは大幅に下落。FRBのスタンスは、一部の予想に反し、ややタカ派的ではなかった。
  • FRBの利上げ決定でウォール街が上昇:ジェローム・パウエルFRB議長の記者会見での発言を受け、ウォール街の主要株価指数は大幅に上昇。パウエル議長は、高インフレ率のデータを認識しながらも、インフレ率の軽減に向けた中央銀行の軌道を変えるものではないと再確認し、12月以降のFRBのハト派的スタンスからの逸脱に対する投資家の懸念を和らげた。
  • FRBの利下げ見通し:ジェローム・パウエルFRB議長の発言は、米国の物価上昇圧力が徐々に緩和されるとの見通しを強調し、今年3回の利下げ見通しを維持した。この見通しにより、トレーダーは6月のFRB利下げへのベットを増やし、市場オッズは現在74%となっている。
  • インフレ見通しを調整:FRBが更新した予測によると、コア個人消費支出(PCE)価格指数は12月時点の2.4%予測から年内に2.6%へとわずかに上昇する。
  • 経済見通しを調整:FRBは経済予測を更新し、12月時点の予測に比べ、今年の成長率見通しが改善され、失業率見通しが若干低下することを示唆した。
  • FRBの長期金利予想:FRBの長期金利見通しを分析すると、長期金利見通しの中央値は2.5%から2.6%へと上昇。注目すべきは、3%以上の長期金利を予想する政策立案者の数が増加していることである。
  • 市場のハト派的解釈がタカ派的ヒントを上回る:長期均衡金利の上方修正など、FRBがタカ派的な示唆を示したものの、市場は短期的なハト派的シグナルに着目。緩和サイクルの見通しと量的引き締めの鈍化が注目された。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。
カテゴリ
タグ
登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.