ホーム / ブログ / カテゴリー / テクニカル分析 / USD/CADは、BoCの金利決定と米国データに注目しながら調整継続
5 6月 2024 | FXGT.com

USD/CADは、BoCの金利決定と米国データに注目しながら調整継続

2024年初頭の急騰後の市場整理:USD/CAD通貨ペアは2024年にダイナミックな展開を見せた。1月の安値1.3170ドルから4月には1.38ドル近辺まで上昇し、5%の堅調な上昇を見せた後、市場は整理期に入った。

最近の値動き:過去6週間、同ペアは1.36ドルから1.38ドルのレンジで横ばいに推移している。この横ばいの動きは、長期的な上昇トレンドの継続と解釈でき、強気派は次の上昇の前に力を蓄えている。今週、1.36ドルを再トライした後、市場は短期的な底を打ち、重要な経済指標発表を前に強気の勢いが増している。

今後の経済イベント:今週はUSD/CADペアにとって重要な局面であり、為替レートに大きな影響を与える2つの重要イベントが控えている。これらのイベントは両通貨の価値に大きな影響を与え、最終的に為替レートに影響を与えるとみられる。

短期ピボット・ポイント:1.3650ドルのピボットは昨日から短期的な底値として確立されており、現在進行中の強気の波を守っている。最初の抵抗線のテストは昨日の高値1.37ドルとなっており、短期的な強気の勢いが維持されている間、強気の勢いの最初のチャレンジと現在のターゲットエリアとなる。

主要サポートレベル:レンジの重要なサポートレベルは1.36ドルであり、このレベルは直近の調整局面を通じて堅調に推移しているため、強気シナリオの場合でもこのレベルを再試行する可能性がある。1.36ドルの再試行に続く強気な拒否パターンは、新たな買い手を引き付け、上昇トレンドをさらに加速させる可能性がある。逆に、下弦の1.3580ドルを割り込むと、弱気見通しへの転換を示唆する可能性がある。この場合、長期上昇トレンドが反転し、USD/CAD相場がさらに下落する可能性がある。

主要なレジスタンスレベル:1.3750ドルレベルは、直近のレジスタンスとなっており、過去2週間に2度拒否されている。このレベルを決定的に上抜けた場合、強気勢の強さが試されると考えられ、レンジの上限を目指す可能性を示唆する。1.38ドルを突破すれば、テクニカル的に重要な展開となり、長期的な上昇トレンドの継続を示す可能性がある。

ブレイクアウトの可能性:BoCによる利下げとFRBによる据え置きの可能性があり、中央銀行の政策が乖離する可能性があるため、米ドルがカナダドルに対して上昇する可能性がある。今週のイベントの結果は、主要テクニカルレベルとともに、USD/CAD相場の今後の行方を決定する上で極めて重要である。現在の統合局面からのブレイクアウトが間近に迫っている可能性があり、ブレイクアウトの方向性は、今週のニュース発表に対する米ドルとカナダドルの反応次第である。

USDCAD 1 Hour Chart

USDCAD Daily Chart

この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.