ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / WTI原油、米国の在庫増加と地政学的リスク要因のバランスを取る
27 6月 2024 | FXGT.com

WTI原油、米国の在庫増加と地政学的リスク要因のバランスを取る

  • 値動き:原油先物相場は木曜日のアジアセッション中に80.50ドルを割り込み、火曜日につけた2か月ぶりの高値81.90ドルから後退した。しかし、欧州時間には81.00ドルを超えて反発。最初の下落は、予想外の米原油在庫統計を受けたもので、潜在的な需要の弱さを示した。
  • 米国の在庫データ:米エネルギー情報局(EIA)が発表した6月21日までの1週間の原油在庫は、予想されていた3,000,000バレルの減少に反し、予想外の3,591,000バレルの増加となった。この増加により、需要減退への懸念が高まっている。
  • 米国の原油輸入が急増:米国の原油輸入は5月中に急増し、約2年ぶりの高水準である一日あたり310万バレルに達した。この急増は、製油所が夏のドライブシーズン用の燃料を生産するためにカナダや中南米から原油を購入したことによる。6月も輸入量は堅調に推移し、平均で日量約290万バレルとなった。
  • 地政学的緊張:中東とウクライナを中心に地政学的緊張が続いており、原油価格に影響を与え続けている。イスラエルとロシアの軍事行動は、原油供給への直接的な影響は不透明ながら、市場の変動に拍車をかけている。イスラエルとヒズボラの緊張激化は、主要産油国イランを巻き込んだより広範な紛争への懸念を高めている。こうした地政学的リスクは、米国の在庫が増加しているにもかかわらず、原油価格を下支えしている。
  • 市場のボラティリティ:原油市場は、米国在庫の増加による弱気な影響と、地政学的緊張による供給途絶の可能性の間でバランスを取りながら、不安定な動きを続けている。原油価格は先週、80.20ドルをサポート、82ドルをレジスタンスとする横ばいレンジに収まっている。市場センチメントが変動し、需要に関するシグナルが交錯する中、この横ばいが続いている。
  • 月間の上昇率:最近の横ばい相場にもかかわらず、6月の原油価格は約5.5%上昇した。ロシアと中東の地政学的緊張を受け、トレーダーは原油に対するリスクプレミアムの上昇を織り込んでいる。さらに、OPECとその同盟国による継続的な供給削減が、今後数か月の原油価格を下支えすると予想される。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.