ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / 日本円は地政学的緊張と国内インフレデータに影響される
19 4月 2024 | FXGT.com

日本円は地政学的緊張と国内インフレデータに影響される

  • 地政学的緊張:イスラエルによるイランへの軍事行動に関する報道をきっかけに、投資家の間でリスク回避の動きが強まり、安全資産である通貨に逃避する動きが強まり、円を顕著に押し上げた。しかしながら、この上昇にもかかわらず、地政学的な情勢が緊迫・不透明なままであることを受け、広範な市場心理が円に対して下押し圧力をかけ続け、円の上昇を抑えている。
  • イスラエルの空爆に対するイランの反応:最近のイスラエルによる空爆を受け、イランは当面の報復計画はないと発表し、中東情勢がさらにエスカレートするとの懸念がやや和らいだ。この発表は、欧州時間序盤のUSD/JPYの回復に寄与した。しかし、依然として緊張が高まっているため、市場は引き続き神経質になっており、市場の動きに影響を与えかねない新たな展開に注意している。
  • 日本のインフレデータ:日本の3月の全国消費者物価指数(CPI)は前年同月比2.7%上昇し、2月の2.8%からやや減速。消費動向を見極める上で重要なこの指標は、日本の緩やかなインフレ圧力を反映している。
  • 日銀のスタンス:日銀の植田和男総裁は最近の発言で円高に拍車をかけた。植田総裁は、円安が輸入コストの上昇を通じてインフレを著しく促進する場合、中央銀行は追加利上げを検討する可能性があると指摘した。
  • 四半期予測が待たれる:植田総裁はまた、今後発表される四半期ごとの成長率と物価の見通しによって、最近の円安が経済に与える影響が詳しく説明されるだろうと述べた。
  • 持続する円安:こうした動きにもかかわらず、円相場は34年ぶりの安値近辺を推移している。日銀の野口旭審議委員は、今後の政策調整は他の主要中央銀行と比べて緩やかで、あまり積極的ではないことが予想されるとコメントした。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.