ホーム / ブログ / カテゴリー / ファンダメンタル分析 / ニュージーランド準備銀行は金利を5.50%に据え置き、予想外にハト派的なトーンに変化
11 7月 2024 | FXGT.com

ニュージーランド準備銀行は金利を5.50%に据え置き、予想外にハト派的なトーンに変化

  • ニュージーランド準備銀行は金利を据え置いたが、ハト派的なシフトを示唆:ニュージーランド準備銀行(RBNZ)は8会合連続で、市場予想通り、政府短期金利(OCR)を5.50%に据え置いた。とはいえ、中央銀行が意外にもハト派的なトーンを示していることから、利下げが予想よりも早く実施される可能性がある。
  • 議事要旨におけるハト派的指標:議事要旨は、制限的な金融政策が消費者物価上昇率を大幅に低下させたことを強調した。RBNZは、ヘッドラインインフレ率が年後半に目標範囲の1.0%から3.0%に達すると予想しており、5月のタカ派的な見通しからシフトしている。
  • 利下げへの思惑:ハト派的なトーンにもかかわらず、複数のアナリストは8月の利下げはあり得ないと考えている。中央銀行は次回の会合までに、四半期消費者物価指数(CPI)インフレ率や雇用統計など、さらに検討すべきデータがある。現在、市場では8月の利下げ確率を50%としている。
  • 中国の消費者物価指数データからの圧力:NZDは、主要貿易相手国である中国の消費者物価指数(CPI)が軟調な結果となったことで苦戦した。中国の6月の消費者物価指数は前年同月比0.2%上昇と、5月の0.3%上昇から低下し、市場予想を下回った。この弱いインフレデータはNZDにさらなる圧力をかけた。
  • パウエル議長の証言:米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が米議会で証言した後、米ドルは小幅に上昇した。パウエル議長は、インフレ率の改善を認めながらも、インフレ率が着実に2%に近づいていることがより確実になるまで、政策金利の引き下げは適切ではないと強調した。
  • NZDUSDのパフォーマンス:全体として、RBNZの堅調な政策、弱い中国のインフレデータ、パウエル議長の慎重な見通しが重なり、ニュージーランドドルにとっては厳しい環境となった一方、米ドルは下支えされている。
  • 今後の米消費者物価指数(CPI)データと市場の焦点:トレーダーは、本日中に発表される米消費者物価指数(CPI)に注目している。コアCPIは前年同月比3.4%と堅調に推移すると予想され、ヘッドラインCPIは5月の3.3%から3.1%に低下すると予想されている。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.