ホーム / ブログ / カテゴリー / 一週間のまとめ / Weekly Market Recap – 雇用保険申請件数の増加を受け、6月の米国株価は堅調に推移。
1 7月 2024 | FXGT.com

Weekly Market Recap – 雇用保険申請件数の増加を受け、6月の米国株価は堅調に推移。

  • 米国の主要株価指数:米国の主要株価指数は週を通して比較的横ばいで推移したが、6月は顕著な上昇で幕を閉じた。S&P500種株価指数は3.50%上昇、ナスダック100種株価指数は6.60%上昇、ダウ・ジョーンズ30種株価指数は1.30%上昇した。第1四半期のGDP確定値では、1月から3月までの成長率が年率1.4%となり、2022年春以来の低成長となった。
  • PCE指数が低下する中、米失業保険申請件数が増加:失業保険申請件数は2年ぶりの高水準に達し、労働市場の弱体化を示す。インフレ面では、5月のPCE指数が2.6%に低下した。インフレ率はFRBが目標とする2%には達していないが、5月の数値は過去3年間で最低の年率を示した。これにより、FRBが9月の会合で25ベーシスポイントの利下げを実施するとの市場予想は60%以上に高まった。
  • USD/JPYが38年ぶりの高値:米ドルが対円で1986年以来の高値をつけ、日本の当局が円安を懸念している。鈴木俊一財務大臣が円を安定させるための行動の可能性を示唆するなど、介入の可能性に関する憶測が広がっている。
  • 原油価格、3週目の上昇:今週、原油価格は1%上昇し、3週連続の上昇となった。米国の利下げ観測と中東情勢の緊迫化が追い風となり、WTI原油先物は82ドルを突破した。米国産原油とガソリンの在庫増加の影には、潜在的な供給障害への懸念があった。市場の関心は引き続き、地政学的動向とそれが原油供給に与える影響にある。
この記事の改善にご協力ください。
免責事項:こちらに含まれるすべての資料および情報は、一般的なマーケティングを目的としたものであり、投資アドバイスや推奨、金融商品の取得、金融取引への勧誘を目的としたものではありません。投資家は、自らの投資判断のリスクについて単独で責任を負い、適切と思われる場合には、いかなる判断を下す前にも、関連する独立した専門家の助言を求める必要があります。提示された分析およびコメントには、投資家の個人的な投資目的、財務状況やニーズに関する考察は含まれていません。非独立投資調査免責事項の全文は こちら をご覧ください。 リスク開示:CFD商品は複雑な金融商品であり、資金を失う大きなリスクが伴います。 こちら より、リスク開示の全文をお読みください。

Blog Search

カテゴリ

Blog Categories

タグ

Blog Tags

Register and Share Buttons JP

登録

最新記事をご覧ください。

ご友人、フォロワーに共有ください。

クリップボードにコピーする
To top

レバレッジの効いた商品はすべてのトレーダーに適するわけではなく、全投資資産を失う場合があります。リスクを理解し、取引がご自身に適しているか熟慮する必要があります。 リスク開示全文をこちらからお読みください。.