海外FXのECN口座とは?STP方式との違い・仕組み・メリット・デメリットまで解説

本記事では、海外FXの注文方式のECN口座について解説しています。

ECN口座はスタンダードな口座に比べて、非常に狭いスプレッドで取引できる、約定力が高いなどのさまざまな利点を持っている上級者向けの口座です。ECN方式とSTP方式との違いまで徹底解説します。

ECN口座を使うならFXGT!

新規口座開設ボーナスで、ノーリスクでFX取引が始められます。

130種類以上の取り扱いペア
豪華なボーナスキャンペーンでお得にFX取引
暗号通貨・ゴールド・株価指数のスワップがゼロ、プロ口座ではFX通貨ペアもスワップがゼロ、プロ口座ではFX通貨ペアもスワップがゼロ
最大1000倍のレバレッジで少額から大きな利益を出すことが可能

安心のゼロカットシステムで入金額以上の損失無し
金融ライセンス取得済み
日本語でのサポート体制が充実

>>>今なら新規口座開設後、本人確認完了するだけで20,000円ボーナスがもらえます<<<

今すぐFXGT.comで口座開設して、ボーナスを受け取る

海外FXのECN口座(ECN方式)とは?

ECN口座(ECN方式)とは、海外FX業者・ブローカーの一切の介入を受けずに直接取引する注文方法のことを言います。

海外FX業者の多くが取り入れている取引方法の一つです。以下では、ECN口座(ECN方式)について詳しく見ていきます。

①ECN口座では投資家同士で直接売買できる

ECN方式では、投資家同士が直接売買できるため、高い約定力を誇っています。これは、ECN方式ではブローカーを一切介さない仕組みだからです。

個人投資家は、投資家・大手金融機関の注文が集まるインターバンクに、直接アクセスすることは禁止されています。しかし、ECN方式では、インターバンクと直接取引するのと同条件でFXトレードが可能です。

②ECN口座では取引手数料を負担する必要がある

ECN口座では、スプレッドの他に取引手数料を負担する必要があります。これは、ECN口座ではインターバンクと直接取引するのと同条件でFXトレードが可能なためです。

しかし、他の取引方法よりもスプレッドは狭いため、支払う金額は少額で済むようになっています。

③ECN口座は全ての海外FX業者にあるわけではない

全ての海外FX業者がECN口座を取り入れているわけではありません。多くの海外FX業者は、スタンダードな取引条件として、ECN方式とは異なるSTP方式を取り入れています。

そのため、海外FXを初めて始める場合には、ECN口座から始めるのは難しい場合があります。

海外FXのECN方式を含む4つの注文方式の仕組み

FXでは、主に4種類の取引方法が主流です。日本で主流のDD方式・海外で主流のNDD方式と大きく分かれ、NDD方式からSTP方式・ECN方式と分かれます。各々の取引方法について詳しく見ていきましょう。

①DD方式

DD方式とは、トレーダーとインターバンクの間にFX会社が介入する取引方法のことです。FX会社が顧客の注文を全て決済し、インターバンクに注文を通すかを決めます。そのため、注文が通るか否かはFX会社の裁量にかかっています。

また、注文をするか否かをFX会社が決めるため、顧客とFX会社の利益は相反します。

つまり、顧客が損をすればFX会社は儲かり、顧客が利益を得ればFX会社は損する仕組みになっている訳です。

②NDD方式

NDD方式とは、トレーダーとインターバンクの間にFX会社が介入しない取引方法のことです。全てが電子的な操作により行われ、顧客の注文が直接インターバンクで決済されるため、DD方式より格段に透明性が高くなっています。

また、FX会社側はスプレッドのみが収入源となるため、FX会社と顧客の利益は相反しません。顧客が儲かれば儲かるほど、FX会社に手数料が入り利益をより得られるという訳です。

一方、スプレッドの面ではNDD方式はDD方式よりも劣ります。リアルタイムで金融市場のスプレッドがあるため、必然的にNDD方式の方がスプレッドが広くなるのは仕方ありません。

③STP方式

STP方式はNDD方式の一つです。STP方式ではトレーダーの注文をブローカーが、カバー先のLPとマッチングさせます。ここでいうLPとは、海外FX業者と提携している大手金融機関のことです。

ブローカーの意思の入らない自動処理で、ブローカーがトレーダーに有利となるよう注文をLPに流しています。

また、STP方式は以下の二つに更に分類可能です。

2つのSTP方式

・Instant Execution方式
・Market Execution方式

STP方式は、NDD方式に含まれるため、決済後にどこに流すかは自動処理によって行われます。

④ECN方式

NDD方式に含まれるもう一つの方式が、ECN方式です。ECN口座では、トレーダーの注文がブローカーを一切経由せず、投資家・大手金融機関の注文が集まるインターバンクに通ります。

流れたトレーダーの注文は、オークション形式で、他の注文と自動的にマッチングされる仕組みです。双方が得するようなレートでマッチングされるようになっています。

また、インターバンクと直接取引するのと同条件でFXトレードが可能な代わりに、別途手数料が必要です。

 

海外FXのECN方式とSTP方式の比較

ECN方式とSTP方式はどちらも、海外FXで主流のNDD方式に含まれる注文取引方法です。海外FXでトレードするには必須となります。海外FXで安定した収益を得るためにも、ECN方式とSTP方式の違いを理解し、上手く使い分けましょう。

①スプレッド・取引手数料

取引コストに関しては、ECN方式の方が優秀です。ECN方式とSTP方式では、取引コストの計算方法が異なります。

取引コスト=スプレッド+取引手数料の合計値であるECN方式に対し、取引コスト=スプレッドとなるのがSTP方式です。STP方式では、表示されたスプレッドに業者の取り分が既に加算されているため、取引コストに取引手数料が含まれません。

また、スプレッドの狭さ・手数料もECN方式とSTP方式で違います。ECN方式では、スプレッドが極小で売買ごとに手数料が発生する一方、STP方式では、スプレッドが広い代わりに手数料が無料です。

②約定力

ECN方式・STP方式の約定力の優位性は、取引する時間帯と注文量を示すlot数で異なってきます。

ECN方式は取引量が多い時間帯・大lotの注文に向いているのに対し、STP方式は取引量が少ない時間帯・小lotの注文において優秀です。1lot10万通貨程度の取引であればSTP方式の方が優れています。

ぜなら、ECN口座では反対売買が市場に出ていないとマッチングできないからです。よって、必ず注文を受け入れるLPのあるSTP方式の方が、取引が不活発で小lotの時には優れています。

③税金について

節税するには、ECN方式の方が圧倒的に優れています。

というのも、ECN口座の取引手数料は経費換算可能であるのに対し、STP口座のスプレッドは経費換算不可能だからです。

よって、多額での取引をする・取引頻度が多いなど、取引手数料が多くかかる方には、ECN口座が適しています。

④板情報の有無

情報量の多さは、ECN方式がSTP方式を圧倒しています。というのも、ECN方式では、STP方式では見れない”板情報”を手に入れられるからです。

板情報の入手は、電子ネットワークに注文が集まるECN口座だからこそ可能なことです。

板情報のメリットはこの記事の続きで解説します。

海外FXのECN口座のメリット

ECN口座のメリットは具体的にどこにあるのでしょうか?ECN口座のメリットを理解することは、海外FXで収益を上げることに繋がります。これから、ECN口座のメリットについて詳しく見ていきましょう。

海外FXのECN口座のメリット
①約定拒否がない・約定スピードが速い

②板情報を確認できる
③スプレッドを抑えられる

 

①約定拒否がない・約定スピードが速い

ECN口座では、約定スピードが速い上に、約定拒否がないという仕組みになっています。というのも、電子取引によって売り手と買い手の注文が、直接自動的に行われるからです。FX業者・ブローカーを介入する他の取引方法では、見られないメリットとなっています。

約定力が低いと、注文が集中した時に約定しない・短期売買の注文が通らないなどの問題が発生しますが、ECN口座ではそのような心配はありません。

②板情報を確認できる

ECN口座では板情報を見れます。そのため、ECN口座の情報量は圧倒的です。

また、価格と注文量を見ながら取引できることは収益に繋がります。

板情報から得られることは以下の通りです。

板情報から得られる情報

・市場の注文性や情報量
・現在価格を中心とした注文数
・ロット数ごとの複数注文の平均価格

電子ネットワークに注文が集まるECN方式だからこそ、得られる板情報を有効活用しましょう。

③スプレッドを抑えられる

ECN方式ではスプレッドが低くなる傾向にあります。というのも、トレーダーの注文とインターバンクに出されている注文の価格差が、そのままスプレッドになるからです。

ECN口座では、トレーダーの注文がそのままインターバンクに流れ、自動的にマッチングされます。

トレーダーとインターバンクが、一切の介入なしに取引できるECN口座ならではのメリットです。

海外FXのECN口座のデメリット

ECN口座には、先ほど解説したようにメリットとなる部分が多いですが、一方でデメリットも存在します。

デメリットを理解することで、自分に最適なFX取引が可能になるでしょう。これから、ECN口座のデメリットについて詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

海外FXのECN口座のデメリット
①取引手数料が発生する

②基本的にボーナスが受け取れない

 

①取引手数料が発生する

ECN口座ではスプレッド以外に、取引手数料が発生します。

ECN口座では、スプレッドはトレーダーとインターバンクの注文の価格差です。そのため、ECN口座ではスプレッドにブローカーの取り分が加算されていません。

ブローカーの取り分のために派生するのが取引手数料です。よってECN口座での取引コストは、取引手数料とスプレッドを足し合わせたものになります。

②基本的にボーナスが受け取れない

ECN口座ではボーナスを受け取れないことがほとんどです。口座開設ボーナス・入金ボーナスともに、STP口座では用意されているのに対し、ECN口座ではどちらも用意されていないことがあります。

ボーナスが用意されていないため、ECN口座では完全に自己資本のみで勝負する業者がほとんどです。自分の資産に自信のない方は、STP口座を開設し利益を得てからECN口座に移るようにしましょう。

海外FXのおすすめのECN口座はFXGT

FXGTのECN口座の特徴
契約サイズ100,000
取扱い銘柄為替メジャーペア, 為替マイナーペア, エキゾチック通貨ペア, 株価指数,メタルとエネルギー,
株式, 仮想通貨, シンセティックペア, GTi12,
DeFiトークン,NFT
最小スプレッド0ポイントから
取引手数料為替取引最大$6/lot
暗号資産取引0.1%/lot
レバレッジ最大1000倍
MT5口座への最初の資金移動$5
プロモーション/入金ボーナスなし
最大取引ロット数
(1ポジションあたり)
200
最大保有可能ロット数
(口座単位)
200
マージンコール70%
ロスカット40%

ECN口座を開設するのにおすすめな海外FX会社は、FXGTです。FXGTのECN口座は、最低入金額$5からと安く始められます。

また、仮想通貨・株式・株価指数など幅広い銘柄の取引が可能です。取引手数料も低いので、初心者から海外FXに精通している方にまで適した口座となっています。

ただし、FXGTのECN口座にはボーナスはないのでご注意ください。

ECN口座使うならFXGT!

新規口座開設ボーナスで、ノーリスクでFX取引が始められます。

130種類以上の取り扱いペア
豪華なボーナスキャンペーンでお得にFX取引
最大1000倍のレバレッジで少額から大きな利益を出すことが可能
安心のゼロカットシステムで入金額以上の損失無し
金融ライセンス取得済み
日本語でのサポート体制が充実

>>>今なら新規口座開設後、本人確認完了するだけで20,000円ボーナスがもらえます<<<

今すぐFXGT.comで口座開設して、ボーナスを受け取る




監修:FXGT.com


FXGT.com公式メディアは、FXGT.comの運営会社「360 Degrees Markets Ltd」によって運営されています。当サイトでは、FXGT.comを利用されている方、FXGT.comの利用を検討されている方向けに、FXGT.comの使い方・ボーナス情報・取引条件などについて、わかりやすく解説しています。FXGT.com公式TwitterLINEInstgramTelegramも絶賛活動中です。

<FXGT.com公式SNSで最新情報をチェック!!>

<FXGT.comを詳しく知りたい方へ>

FXGT.com公式サイトはこちら